作業スピードが遅くならないようにするために意識すべきこと

こんにちは。

職人のたまご、奥村です。

 

彫刻刀を1本でも多く生産するためには、作業スピードを速める必要があります。

しかし、1日中ずっとスピードを速めようと意識しながら作業するのは、とても大変。

 

そこで僕は、1日のうちどこかでスピードのことを忘れて作業する時間を作っています。

メリハリを付けることで、質の高い作業が維持できると考えたからです。

 

しかしある日、思わぬ落とし穴があることに気がつきました。

 

意識することの重要性

 

思わぬ落とし穴。

それは、「普通のスピードでやっていたつもりが、気づかないうちに遅くなっていた」というものでした。

作業が進むにつれ、知らない間にスピードが落ちてしまっていたんです。

おそらくこれは、疲労の蓄積による作業スピードの低下だと思われます。

 

怖いのが、「自分では気づいていない」ということ。

もしスピードを速める意識を持っていなければ、とてつもなくスローペースで作業していたかもしれません。

結果、生産数が減ってしまうことになります。

 

 

常にスピードを意識し続けていないと、いつのまにかテンポが遅くなってしまうんですね。

とはいうものの、やはり1日中意識するのは大変です。

なので、考え方を「テンポの良いリズムを保ち続けること」というふうにしてみます。

ムリにスピードを速めようとするのではなく、リズムよくペースを維持する意識を持つことで、1日の生産量も減ってしまうことはなくなるはず。

ほど良い緊張感でできると思うので、長続きしそうです。

 

これからも彫刻刀の質はもちろん、量にもこだわってガンガン生産していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です