【職人のたまご日記】「棚卸し」が憂うつだと思ったら、「棚卸し」をしていないのになぜか腰が痛くなった件。


どうも、こんにちは。

 

3

 

職人のたまご、奥村です。

 

義春刃物では毎年6月末に、在庫の数を調べる「棚卸し」を行っています。

その際、彫刻刀の刃がたっぷり入った在庫ケースを持ち上げ、重量計の上に乗せるのですが…。

 

1本1本の刃の重さは、わずか数グラム程度。

しかし、塵も積もれば山となる。

ケースには、何千、何万本もの刃が入っているのです。

そのため、成人男性が本腰を入れないと持ち上がらないくらい、重量があります。

 

棚卸し

(写真:在庫が入ったケースはとてつもなく重い)

 

6月下旬ということで、湿気がムンムンです。

その中での作業は、汗が止まりません。

汗ふきタオルが「濡れタオル」になるくらい、ビショビショになります。

 

 

僕は、今年で「棚卸し」に参加するのは2回目。

昨年のつらさを知っているため、今年の「棚卸し」の日が近づくにつれ、憂うつな気分になってしまいます。

 

 

 

 

そんなマイナスなことばかり考えていると。

不思議な出来事が起こりました。

 

それは…。

棚卸し作業をしていないのに、腰が痛くなったということです。

 

ふつうは、重たいものを持ったら腰が痛くなるはず。

 

なのに、何もしていないのに腰が痛くなったのです。

 

なぜ腰が痛い

 

おそらく、僕のマイナスな気持ちが腰に届いてしまったのではなかろうか。

 

以前、職人のたまご日記で「思ったことは、その通りになる」という記事を書きました。

記事「彫刻刀に「お前は、よく切れるねぇ」と声をかけながら作業した結果」

 

彫刻刀に「よく切れるねぇ」と声かけをしながら作業を行うと、本当によく切れるようになったというお話でした。

これと同じことが「棚卸し」でも起こったということです。

 

腰に想いが伝染した

 

しかも今回は、ネガティブ思考。

ネガティブに物事を考えた結果、体にそのネガティブさが伝わってしまいました。

 

「病は気から」といいますが、本当にそうなんですね。

腰が痛いと思ったら、本当に腰が痛くなる。

風邪を引いたと思ったら、鼻水やセキが止まらなくなる。

 

苦しくてもポジティブ

 

 

「棚卸し」は大変な作業ですが。

大変な作業だからこそ。

ポジティブ思考でいなければならないことを痛感しました。

 

だからこれから。

どんなにきつい作業でも。

「体を動かすってすばらしい。はー、ありがたや、ありがたや」

と思うようにします(笑)

 

思えば、その通りになる。

何事も、できるだけポジティブに考えたいですね。

 

ほじゃ、今回はこのへんで。