僕は彫刻刀職人になって、見える景色が大きく変わった。

こんにちは。

職人のたまご、奥村です。

 

彫刻刀を作って3年。

モノを作る難しさを実感中。

いろんなモノ

(写真:よしはる彫刻刀は切れ味抜群)

 

世の中には、いろんなモノがある。

1つ1つの形も違う。

 

丸いモノ。

四角いモノ。

 

ありとあらゆる形がある。

モノの世界っておもしろい。

職人目線

(写真:マウスがなぜこの形をしているのか)

 

最近、よくモノを観察する。

「これ、どうやって作ってるんだろう」

「なんでこんな形なのか」

 

モノの形には理由がある。

カタチづくりの仕方もある。

 

いろんなモノ。

おもしろいじゃないか。

モノにロマンを感じてしまう。

新製品

(写真:新感覚の彫刻アート、シャインカービング)

 

義春刃物は老舗彫刻刀メーカー。

最近は、新製品も開発している。

その名は、「シャインカービング」

 

(写真:彫刻刀で彫ると、色鮮やかな彫り跡が生まれる)

 

この製品は、彫刻刀で彫る。

すると、色鮮やかな彫り跡が生まれる。

 

光に照らすと、美しい。

思わず見とれてしまうほど。

 

(写真:学童用彫刻刀ベストセラー)

 

今までの彫刻刀の使い道。

用途が限られていた。

 

小学校の版画の授業。

趣味としての木彫り。

 

(写真:彫る素材は、ビニールシート)

 

けれど、このシャインカービング。

新しい彫刻刀の使い道になっている。

 

ビニールシートを彫る発想。

色鮮やかな彫り跡が生まれる発想。

 

その他のもたくさん、たくさん。

シャインカービングには工夫がある。

 

詳しくは専用ホームページにて。

シャインカービング専用サイト

綺麗な蝶々

(写真:キレイな蝶々しか見ていない)

 

世の中に出回る製品は、すでに完成されたもの。

作り方は、なかなか目に見えない。

 

例えるなら、蝶々だろうか。

優雅に羽ばたく蝶々は、たしかに綺麗。

 

けれど、どれだけ綺麗な蝶々でも、

青いサナギの時代があった。

 

頑張って羽化したその過程は、

誰も目もくれない。

 

(写真:彫刻刀にも作る過程がたくさんある)

 

僕はモノづくりの立場に立っている。

すると、綺麗な蝶々よりも。

サナギの生態を知りたくなる。

 

つまり、モノがどのように作られるか。

どんなロマンが詰まっているのか。

過程を知りたい。

 

 

自分が職人になったからこそ。

見える景色があることを知った。

 

今後とも、この景色を大切にしていきたい。

 

ほじゃ、今回はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です