最後の砦

義春刃物の品質を守る女性たち


義春刃物が昔から力を入れているのが学童向け彫刻刀の製造・販売。

おかげさまで、長年全国シェアNO.1の実績を誇るまでとなりました。

 

%e6%9c%ac%e7%89%a9%ef%bc%94

(写真:義春刃物の彫刻刀は品質が高い)

 

義春刃物の彫刻刀は切れ味が鋭く、耐久性に優れています。

創業100年培ってきた技術と魂を持った職人によって作られているからです。

 

機械化が進むこのご時世で。

義春刃物では職人によって1本1本手作業で彫刻刀を仕上げています。

1本1本を丁寧に扱っているからこそ、最高の切れ味と耐久性が生まれるのです。

 

そして義春刃物の彫刻刀の品質を守るもう一つの要があります。

それは検品作業です。

検品作業とは刃こぼれやサビなど、製品に不具合がないかをチェックする作業です。

 

検品2

(写真:検品作業の様子)

 

検品作業は女性陣の目によって厳しくチェックされています。

検品後に製品は出荷されてしまうので、ここをおろそかにしてしまうと品質の悪い彫刻刀が世に出回ってしまいかねません。

したがって検品を行う女性の皆さんは、最後の砦といっても過言ではないです。

 

検品1

(写真:彫刻刀の刃を凝視する姿)

 

義春刃物の彫刻刀の品質は、女性陣の目にかかっています。

小さな刃こぼれや刃の表面の汚れなどを見逃さないように、目を凝らしながら検品しています。

 

実際、この女性陣の検品は見事です。

肉眼では確認できないのではないかというレベルの刃こぼれも一切見逃しません。

女性陣の目はまるで高性能の顕微鏡のごとく、どんなに小さな刃こぼれでも見つけることができます。

 

%e4%bb%95%e4%b8%8a%e3%81%92

(写真:検品で不具合が出た彫刻刀は再度仕上げを行う)

 

検品して不具合が出た彫刻刀はまた職人の元へ戻ります。

そこでもう一度仕上げ直してまた検品してもらうのです。

 

こうして無事検品をクリアした製品は後日、お客様の元へと出荷されていきます。

この検品作業があるからこそ、ごくごく小さな不具合でも発見でき、修正できます。

お客様の元へ届く製品は厳しいチェックを通過した品質の高い彫刻刀といえるでしょう。

 

最後の砦

(写真:品質を守る検品はまさに最後の砦)

 

義春刃物の彫刻刀の品質は厳しい検品によって守られています。

そしてそれを可能にするのは女性陣の目。

これからも厳しい目をもって1本1本の彫刻刀を検品していきます。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です