左利きの人は左利き用の彫刻刀を買ったほうが良いの?に対する回答

こんにちは。

彫刻刀職人の奥村です。

今回は、「左利き用の彫刻刀はあるの?」という質問をにお答えします。

 

左利きの人は「左利き用の彫刻刀」を買いましょう。

 

左利きの人は「左利き用の彫刻刀」を購入したほうが良いです。

やはり、使いやすさが違います。

 

よしはる彫刻刀GXとマルイチ彫刻刀SXの違い

2016.11.15

 

左利きの人が右利き用の彫刻刀を使用すると、ぎこちなさを感じてしまいます。

 

(写真:左利きの人は不便?)

 

左利きの人は、何かと不便を感じがち。

ですが、少しずつ左利き用の製品が増えてきました。

特に、刃物は利き手で扱ったほうが良いです。

 

つまり、ストレスを感じることなく、より集中して没頭するために。

「左利きの人は、左利き用の彫刻刀を使用しましょう。」

 

右利き用と左利き用の彫刻刀は何が違うの?

彫刻刀は、右利き用と左利き用があります。

何が違うのかというと。

下の写真の、切出し刀(印刀)が違います。

 

(写真:「左利き用印刀」と「右利き用印刀」の刃の向き)

 

刃の向きが、左右反対になっているのです。

「平刀、丸刀、三角刀」は、右利き左利きに関わらず、刃の向きは変わりません。

 

印刀は、「はっきりとした輪郭や鋭い切れ込みを入れる」のに使います。

利き手に合った印刀を使わないと、使いづらさや違和感があります。

 

(写真:印刀)

 

印刀は、刃先がとがっています。

なので、安全を考えると、利き手に合う彫刻刀を使用すべきです。

 

どの彫刻刀も、刃先に手が触れると切れる危険性があります。

その中でも印刀は、特にケガのリスクが高いといえるでしょう。

 

付鋼製の彫刻刀はなぜ切れ味が鋭いのか。

2017.02.23

 

ストレスなく安全に使用するには

 

より安全に、ストレスなく彫刻刀を使用する。

そのためには、利き手で彫刻刀を扱うことが一番安全です。

なので、「左利きの人は左利き用の彫刻刀」を購入することをおすすめします。

 

普段使い慣れた利き手で、使用するのが一番。

ケガの心配やぎこちなさを感じることなく、作品作りに没頭してくださいね。

 

【彫刻刀の選び方】柄の種類について

2016.11.11

執筆者:奥村(彫刻刀職人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です