左利きの人は左利き用の彫刻刀を買ったほうが良いの?


左利きの人は左利き用の彫刻刀を買ったほうが良い?

 

現代社会においては、右利きの人を想定して作られたものが多く、左利きの人にとっては不便に感じることが多々あります。

特に、繊細な感覚を必要とする作業においてはストレスも溜まりますよね。

 

彫刻刀に関しても、細かい作業が多いためストレスを感じやすいと思います。

したがって、左利きの人は左利き用の彫刻刀を購入したほうが良いです。

やはり、使いやすさが違います。

 

左利きの人が右利き用の彫刻刀を使用すると、ぎこちなさを感じてしまいます。

反対に、右利きの人が左利き用の彫刻刀を使用すると、同じようにぎこちないはずです。

 

 

左利きの人は何かと不便を感じがちですが、少しずつ左利き用の製品が増えてきました。

今では、はさみや包丁なども左利き用がありますね。

特に刃物は利き手で扱ったほうがより繊細な感覚でストレスを感じることなく使用することができます。

 

したがって、左利きの人は左利き用の彫刻刀を使用することで、ストレスを感じることなく、より集中して作業に没頭できるのではないでしょうか。

 

 

右利き用と左利き用の彫刻刀は何が違うの?

 

彫刻刀は右利き用と左利き用とでは何が違うのかというと。

下の写真の彫刻刀である、印刀(切出刀)が違います。

 

%e5%b7%a6%e7%94%a8%e5%bd%ab%e5%88%bb%e5%88%80

(写真:右利き用印刀と左利き用印刀の刃の向き)

 

刃の向きが左右反対になっているのです。

そのほかの平刀や丸刀、三角刀は右利き左利きに関わらず刃の向きは変わりません。

 

印刀は、はっきりとした輪郭や鋭い切れ込みを入れるのに使います。

この時に利き手に合った印刀を使わないと、使いづらさを感じてしまいます。

 

さらに印刀は刃先がとがっているため、安全を考えると利き手で扱ったほうが良いと考えます。

どの彫刻刀も刃物なので刃先に手が触れると切れる危険性がありますが、印刀はその中でも特にリスクが高いといえます。

 

 

ストレスを感じることなく安全に使用するには

 

%e5%b7%a6%e5%88%a9%e3%81%8d

 

より安全にストレスなく彫刻刀を使用するには、やはり利き手で彫刻刀を扱うことが一番安全です。

ですので、左利きの人は左利き用の彫刻刀を購入することをおすすめします。

 

普段使い慣れた利き手で使用するのが一番。

ケガの心配やぎこちなさを感じることなく作品作りに没頭してくださいね。

 

(文責:職人のたまご、奥村)