なぜ僕は、作業中に「歯」が痛くなったか。

こんにちは。

職人のたまごの奥村です。

 

 

ずいぶん、久しぶりの記事になりますね。

今回は、作業中に得た「気づき」についてお話します。

歯が痛い

(写真:作業が進むにつれ、疲労も溜まる)

作業が進むにつれ、体のいろんな部位が痛くなってきます。

僕は最初、それは「疲れが溜まったから」だと思っていました。

 

確かにそういう疲労感もあります。

でも、違ったんです。

疲労感ではなく、明らかに体が「痛い」。

 

例えば、どこが痛くなったかというと…。

「歯」です。

は?

歯。

特に、前歯。

 

なんで彫刻刀の作業で、歯が痛くなるの…。

知らぬ間に力んでしまっている

(写真:手の力みは、やがて全身に伝わる)

あれこれ考えてみた結果。

体の「力み」が原因でした。

 

最初は、リラックスして作業ができていたのに…。

作業が進むにつれ、体にだんだん力が入っていく…。

 

歯が痛くなったのは、無意識に歯をくいしばっていたから。

作業を終えると、歯の痛みは時間とともに消えるので安心。

というか、ずっと痛かったら困りますけど。

 

それにしても…。

痛くなるほど、歯をくいしばってたなんて。

よっぽど彫刻刀に、魂込めてたんだなぁと思います。

 

自分の「歯」を代償に、彫刻刀の「刃」の切れ味を鋭くする。

…ちょっと、それはイヤですね。

とりあえず、力が入ってきたなと思ったら、小休止をはさむようにします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こちらの記事がおすすめ!

【大人の趣味】老舗彫刻刀メーカーがプロデュース、新感覚彫刻アート

2018.12.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です