【職人のたまご日記】職人の僕が考案した「とりあえず、数万回理論」とは?


こんにちは。

職人のたまご、奥村です。

 

 

 

彫刻刀を仕上げる「技術」を身につけたとき。

技術を確実に習得する方法を、ひらめきました。

 

名付けて「とりあえず、数万回理論」

 

 

 

 

今回は、汗水たらして得た教訓をご紹介します。

 

職人のたまごの殻を破るために…。

ちょっとだけ生意気に語らせてください。

ちょっとだけですから。

 

 

職人のたまご式「とりあえず、数万回理論」


 

 

たくさん練習することの大切さ


技術を習得するためには。

まずなんといっても、数をこなすことが大切。

 

「当たり前じゃん!」

そう思うかもしれません。

 

けれど、職人の世界。

こなす数が膨大なのです。

1000回では足りません。

 

 

(写真:座って作業しても、疲れるんです。)

 

 

例えば、僕の場合。

一種類の彫刻刀を仕上げる技術を身につけるまでに、なんと数万回、同じ動きを繰り返しました。

それでやっと身につくのです。

 

 

 

 

もちろん、「職人の技術」なので、難易度は高いです。

数万回こなさないと、身につかない技術。

改めて、義春刃物の技術は、精密なんだなぁと感じました。

 

それにしても、「数万回の同じ動作」って、大変。

文字通り、血と汗を流しながら身につけた技術です。

一つ技術を身につけるたび、自信がわいてくるんですよ。

 

 

(写真:血と汗と涙が、つまってますから。)

 

 

職人の経験を生かす


これからの人生、たくさんのことに挑戦していくと思います。

そんなとき、たった数回やっただけで、あきらめたらもったいない。

 

「食わず嫌い」になっちゃダメ。

たくさん練習してもないのに「できない」なんて、僕はもう言いません。

 

くじけそうになったとき。

「とりあえず、1万回やってみ?」

と問いかけてみよう。

 

 

 

 

子供が「逆上がりができない」と言ってきたら。

「とりあえず、100回やってみ?」

 

旦那が野菜嫌いであれば。

「とりあえず、1000回食べてみ?」

 

部下が仕事ができないのであれば。

「とりあえず、1万回取り組んでみ?」

 

まさに、魔法のことば。

できないことができるようになる、おまじないです。

 

 

職人のたまごからあなたへ


この「とりあえず、数万回理論」はきっとあなたの役に立ちます。

 

あきらめるのは、簡単。

続けるのは、難しい。

 

誰もが知っている、この真実。

 

けれど、たくさん練習し続けた先に。

きっとあなたを幸せにしてくれる技術が身についているはず。

 

 

 

 

その時が来るまで。

とりあえず、数万回練習してみよう。

 

ほじゃ、今回はこのへんで。