【職人のたまご日記】技術を効率よく習得するために僕が意識しているたった1つのこと。

こんにちは。

「職人のたまご」の奥村です。

 

 

 

前回、「とりあえず、数万回理論」と名付けて、たくさん練習をすることの大切さをお話しました。

記事:【職人のたまご日記】職人の僕が考案した「とりあえず、数万回理論」とは?

 

じつは…。

もっと効率よく技術を習得する方法をひらめいちゃいました。

 

 

 

 

たくさん練習するだけでなく、あることをするだけで、よりスムーズに技術を身につけられる。

今回は、そんな方法をシェアしたいと思います。

 

 

技術をスムーズに習得するためには


完成形をイメージせよ!

(写真:切れ味鋭い彫刻刀)

 

 

職人の僕が目指すのは、「切れ味が鋭く、見た目も美しい彫刻刀」

そのために、僕はたくさん練習しています。

 

しかし、彫刻刀の技術は、とても繊細。

ただやみくもに練習しても、なかなか上達しません。

 

技術習得で大切なのは、完成形をイメージしながら手を動かすことだと思います。

 

 

 

 

例えば、体育の授業のマット運動。

初めて倒立をする子どもたちには、最初に先生が手本を見せます。

 

「そもそも倒立とはどんな形なのか」をしっかりと見せる。

そうすることで、子どもたちは、上手な倒立をイメージしながら練習できるのではないだろうか。

 

 

 

 

反対に、手本を見せずに、倒立をやれと言われても、「倒立ってなに?」と困惑してしまいます。

つまり、「完成形」をしっかり頭で思い浮かべることが大切なのです。

 

 

熟練職人の完成形を見て盗む

 

 

だから僕も、熟練職人の技をしっかりと見ています。

見るだけではありません。

音を聴いてみたり。

道具を触ってみたり。

切れ味を自分のものと比べてみたり。

自分がまだ習得していない技術がどんなものかを、しっかりイメージしています。

 

 

コツはあえて聞かない

 

 

ただここで注意することがあります。

「コツは聞かないこと」です。

なぜかというと、コツとは、自分の内部感覚から生まれるものだと思うからです。

 

コツは自分自身にしか理解できません。

なまじ人のコツを真似ようとすると、今まで自分が積み重ねてきた感覚を壊しかねません。

 

聞くのであれば、「コツを教えてください」ではなく、「見本を見せてください」と聞いたほうが、僕は良いと思います。

 

 

(写真:作業場は技術の宝庫)

 

 

「昔の職人は、全く教えてくれなかった」

というのを、年配の人から聞いたことがあります。

技術は見て盗むしかなかったそうです。

もしかしたら、昔の人は、コツを教える必要がないとわかっていたのかもしれませんね。

 

 

効率よく身につけるの意

(写真:黙々と作業をする職人)

 

 

技術を効率よく身につけるためには、「たくさん練習する、完成形をイメージする、たくさん練習する」の繰り返し。

 

「効率よく」というと、少ない回数、短時間で身につけるように思えます。

しかし技術の習得は、短時間で行えるほど簡単なものではありません。

 

何千、何万回と繰り返していくと、自分だけのやり方がひらめいていくもの。

何かをゼロの状態から身につけるのに、効率なんて考える暇はありません。

 

それよりも、完成形をイメージしながら、たくさん練習する。

そのほうが、技術習得の最短ルートになると僕は考えます。

 

 

 

 

ほじゃ、今回はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です