【職人のたまご日記】彫刻刀に「お前は、よく切れるねぇ」と声をかけながら作業した結果。

どうも、こんにちは。

 

 

職人のたまご、奥村です。

 

僕は日々、彫刻刀に切れ味をつける作業を担当しています。

 

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%ef%bc%96

(写真:彫刻刀の刃先を高速回転するバフに当てると、切れ味がつく)

 

 

最近、ある実験をしてみました。

それは、「彫刻刀1本1本に、気持ちを込めながら作業する」という実験。

 

1本仕上げたら。

「きれいに仕上がったねぇ」

 

また1本仕上げたら。

「よく切れるねぇ」

 

またまた1本仕上げたら。

「おまえ、文句なしだわ」

 

と声をかけます(心の中で、ですけどね)

それを延々と繰り返すのです。

 

 

 

実際に、声をかけてみると。

不思議なことに、本当にキレイに仕上がります。

 

本当かよ!?って思うかもしれません。

けれど、本当なんです。

声をかけた彫刻刀を試し切りしてみると。

確かに、いつもよりよく切れるんです。

 

 

 

一般的に。

「思えば、その通りになる」

とよく言われます。

 

つまり。

ポジティブな思考なら、ポジティブな行動になる。

ネガティブな思考なら、ネガティブな行動になってしまう。

「思考は現実化する」ということですね。

 

今回、僕が行った「キレイだね」「よく切れるね」という声かけ。

これは彫刻刀に対する言葉というより、僕に対する自己暗示なのかもしれません。

 

「キレイだね」は「キレイに仕上げないといけないよ」。

「よく切れるね」は「切れ味をつけなければならない」。

と言い換えることができます。

 

 

 

実際、面白い現象を感じることができました。

声をかけながら作業すると、体が勝手に声をかけたとおりに動こうとするのです。

 

具体的には、「より慎重に・より丁寧に」作業をするようになりました。

自分から「慎重に・丁寧に」というよりも、体が勝手にその方向へ動いていく感じ。

不思議な感覚でした。

 

 

 

しかしその感覚は確かなものでした。

なぜなら、作業が終わったとき。

ものすごい疲労感に襲われたからです。

 

実際、作業後半は息切れをして。

「キレイだね」「よく切れるね」と声をかける余裕すらなくなりました。

そして案の定、切れ味がやや鈍っていました。

 

つまり。

声かけをしたことで、体が勝手に「上手に作業しよう」と集中力を上げた。

それが繰り返されたことにより、いつも以上に疲れる結果になった。

ということです。

 

本当に「思えばその通りになる」

彫刻刀に「キレイだね」「よく切れるね」と愛情を注いでやる。

そうすると、本当にキレイに仕上がり、切れ味が鋭くなる。

貴重な経験でした。

 

 

 

「思えば、その通りになる」

この経験は、これからも使えそうです。

 

例えば、自分を変えたいとき。

なりたい姿をイメージしながら「自分ならできる」と鼓舞し続ける。

そうすると、本当になりたい自分になれる。

 

例えば、奥さんにキレイになってもらいたいとき。

今、キレイじゃなくても「キレイだね」と声をかけ続ける。

そうすると、本当にキレイになっていく…はず。

 

例えば、苦手な人と仲良くなりたいとき。

苦手意識を持つのではなく、何でもいいから興味や好意を示す。

そうすると、向こうも好意を示してくれるようになる。

 

 

 

「思えば、その通りになる」

あなたもぜひ、実践してみてください。

 

疑い深い人は。

まずは「思えばその通りになるんだ」と唱え続けてください。

そうすれば、その通りになりますよ♪

 

ほじゃ、今回はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です