【彫刻刀の使い方】彫刻刀使用後のメンテナンスの仕方


今回の記事は【彫刻刀のメンテナンスの仕方】について簡単にお話します。

 

彫刻刀を長く使用すると…

 

IMG_0619

(写真:彫刻刀)

 

彫刻刀を長く使用していると下記のようなことが起こります。

・刃の部分がサビてくる

・切れ味が落ちてくる

 

彫刻刀は刃物であり、刃物は長く使用していると、

どうしてもサビてしまったり、切れ味が落ちていきます。

 

こればかりは避けては通れないのですが、

少しでも良い状態に保つために、

使用後にきちんとメンテナンスをすることが大切です。

 

今回は、

使用後のメンテナンス方法を簡単にご紹介します。

 

 

サビを防ぐための方法

 

彫刻刀の刃の形 切出刀

(写真:切出し刀)

 

義春刃物では彫刻刀を出荷する際は、

サビ防止のための油を塗布しています。

 

したがって、未使用の状態では、

よほどのことがない限り、

サビの心配はありません。

 

しかし、彫刻刀を使用すると、

刃部分に木くずやホコリがついたり、

手の皮脂がついてしまうことがあります。

 

そのため、彫刻刀は長く使用すればするほど、

ホコリや水分、または皮脂などによってサビてしまう可能性が高くなります。

 

サビないようにするためには、

これらを刃についた状態で保管しないことが大切です。

 

彫刻刀の使用後は、

乾いた布などでキレイに拭き取るようにしましょう。

 

 

 

切れ味が鈍くなったら砥石で砥ぐ

 

砥石の使い方(三角刀)

(写真:砥石で彫刻刀を砥ぐ様子)

 

何度も彫刻刀を使用していると、

だんだん切れ味が落ちてきます。

 

切れ味の鈍い彫刻刀を使用すると、

余計な力を加えなければ木を彫ることができなくなります。

何かの拍子に勢いあまって彫刻刀を滑らせてしまう危険性も高くなります。

 

そこで切れ味の鈍くなった彫刻刀を砥石を使って砥ぎます。

砥石で彫刻刀を砥ぐことにより、

新品同様の切れ味がよみがえります。

 

砥石の詳しい使い方は下記ページをご参照ください。

砥石の使い方

 

 

常に良い状態の彫刻刀を使うために

 

メンテナンス

 

サビがつかないように、

使用後は刃部分についた汚れを乾いた布などで拭き取る。

 

彫刻刀の切れ味が落ちてきたら、

砥石でしっかり砥いで新品同様の切れ味に元どおり。

 

彫刻刀を長く愛用していただくために、

使用後には上記のメンテナンスをおすすめします。