【お知らせ】義春刃物がテレビで紹介されました。


東海地方で平日18時10分から放送している、NHKの番組「ほっとイブニング」。

その番組内の「にっぽんまんなかブランド」という特集で、6月23日(金)に弊社が紹介されました。

 

放送を見逃した方は「にっぽんまんなかブランド」のホームページで見ることができます。

※放送を見逃した方はこちらをクリック!

 

IMG_4584

(写真:テレビの取材を受ける様子)

 

義春刃物は約100年前に京都にて創業しました。

その後、1946年に現在の岐阜県関市へ移りました。

彫刻刀メーカーとして古くから学童向け彫刻刀の製造・販売に力を入れており、その品質の高さから長年全国シェアNo.1の実績があります。

 

hayakawea

(写真:創業100年の技で、1本1本の彫刻刀に魂を込める)

 

機械化が進む現代社会の中で、義春刃物の彫刻刀は、熟練職人が1本1本手作業で切れ味をつけています。

その技術は、機械では決してできないほど繊細です。

 

職人が技術を身につけるためには、長い歳月がかかります。

若い職人は、創業100年の技と魂をしっかりと受け継ぐために、熟練職人の手ほどきを受けながら、日々、修業に励んでいます。

 

 

これからも義春刃物は、伝統と技を引き継ぎ、魂を込めて彫刻刀・その他製品を製造してまいります。

 

放送を見逃した方はこちらをクリック!