安心の使い心地!子ども用の鉛筆削りナイフ「スカッター」【義春刃物】

こんにちは。

義春刃物の彫刻刀職人、奥村です。

 

「子どもに刃物の扱い方を学ばせたい」

 

その手段の一つとして「ナイフやカッターによる鉛筆削り」があります。

しかし、一番気を遣うのが「安全面」。

使用中にケガをしないか心配になりますよね。

 

そこで今回は、

  • 小さな子どもでも安全に鉛筆削りができて、
  • なおかつ刃物の扱い方を学べる。

「スカッター」というナイフをご紹介します。

 

子ども用の安全な鉛筆削りナイフ「スカッター」

スカッターとは

ナイフを扱ったことのない子どもでも安心して使うことのできる、安全ガード付きの鉛筆削りナイフです。

 

スカッターの特長

安全ガードでケガのリスクを減らせる

一般的なカッターや切出小刀は、刃がむき出しなのでケガの危険が伴います。

一方、スカッターは刃の部分に安全ガードがついており、作業中、安心して鉛筆が削れます。

 

子供の手になじむのでストレスなく使える

 

コンパクトなサイズと重さで、小さな手の子どもでも扱えます。

左利き用もあるので、左利きのお子様も安心して使えます。

 

コスパが良く、気軽に買える

 

税込み385円のお手頃価格で、なめらかに鉛筆を削ることができる切れ味があります。

 

工場参観日で鉛筆削りを体験した子どもたち

(写真:職人に使い方やコツを教えてもらいながら鉛筆を削る子どもたち)

 

2017年の「関の工場参観日」で行われた、スカッターや小型ナイフを使った鉛筆削り体験。

小学校低学年、未就学児の子どもたちが夢中になって削っていました。

 

子どもたちは最初、ナイフの扱いに戸惑っていました。

鉛筆を削る動作もぎこちないものでした。

しかし、子どもの集中力は素晴らしいものです。

時間がたつにつれて上手に削れるようになり、鉛筆の芯もしっかり尖らすことができるようになりました。

 

(写真:無心になって鉛筆を削る姿が印象的でした)

 

職人は最初、ひやひやしながら見守っていました。

しかし、子どもたちの一生懸命な姿、夢中になる姿を見て、とても頼もしく感じたそうです。

 

それだけではありません。

子どもたちの口から、

「今度は安全ガードのついていないナイフでやってみたい!」

「今なら包丁も使えるかも!」

と、未来志向な言葉をたくさん聞くことができました。

職人にとってこれほど嬉しいことはありません。

 

子どもたちが刃物の扱いを通じて、いろいろな事に前向きになり、挑戦しようとする…。

そんな姿を見て、「このイベントをやってよかった」と職人は感じたそうです。

 

一生懸命やって、完成する喜びを味わう。

そして、様々なモノやコトに興味を持つようになる。

つまり、「スカッターや切出ナイフで鉛筆削り」という体験が、子どもの健全な成長を促すことにつながったと考えます。

 

お客様の声

(写真:なめらかな削り心地のスカッター)

 

おかげさまで、多くの方にご愛用いただき、評価もいただいております。

 

  • 子どもが嬉々として使っています。楽しいみたい。
  • とても持ちやすく、安全に鉛筆を削ることができます。
  • 小学生の息子に、少しでも手先を使ってほしくて注文しました。
  • 4歳の子どもと使うために購入しました。一緒にやれば危なくなかったです。
  • すごい!こんなに削りやすいのは初めて。
  • 子どもは楽しい、もっとやりたいと言っていました。明日から学校の鉛筆を毎日削るそうです。

大手通販サイトより

 

「鉛筆を削ること」や「刃物を扱うこと」を子どもに学ばせたくてスカッターを選ばれる保護者様にご満足いただけたなら幸いでございます。

これからもお子様の成長の一助を担えるよう、職人一同、真心こめて製造してまいります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【子ども向け】安全にナイフで鉛筆を削るためのやり方とコツ

2022.06.27

 

「スカッター」に関する問い合わせ

インターネットで「スカッター」と検索していただければ、取り扱いしているオンラインショップが表示されます。

その他不明な点がございましたら、下記の手段でお問い合わせください。

TEL (0575)23-3000(代)

メール info@yoshiharu-cc.co.jp

(営業日:平日8時~17時)