光のない暗闇の世界に放り込まれたら、あなたならどうする?【職人のたまご日記】

こんにちは。

職人のたまご、奥村です。

義春刃物に入社して、3年経ちました。

職人としては、まだまだ発展途上。

これからもガンガン、技術を習得していきます。

彫刻刀職人として

(写真:1本1本の彫刻刀に魂を込める職人たち)

 

何千、何万本もの彫刻刀を扱う職人。

その1本1本に、魂を込めています。

 

朝から晩まで、1本の刃と向き合う日々。

刃先を凝視しすぎて、目が回ったこともあります。

 

(写真:職人の集中力はすさまじい)

 

それでも、1本集中。

その1本を、子どもたちが使います。

 

力の弱い小学生でも、たやすく扱えるように。

彫刻刀に最高の切れ味を、つけていきます。

4年目はどうする?

 

そろそろ、職人のたまご。

殻を破りたいところですね。

けれど、まだまだ修業が足りません。

 

(写真:地道な努力の積み重ね)

 

毎日、何かしらの課題が見つかります。

その課題をクリアするのに、悪戦苦闘しています。

 

新しいことも、たくさん覚えなくてはなりません。

一人前になるには、ほど遠いですね。

職人の世界は奥が深い

(写真:熟練職人が常にそばにいてくれる)

 

職人の世界は、奥が深くて広い。

終わりの見えないトンネルを、ひたすら走っている感じ。

それでも、がむしゃらに走り続けます。

 

(写真:熟練職人の技を盗み取る気概を持つことが大切)

 

僕は幸運です。

自分の周りには、見本となる熟練職人がたくさんいるから。

 

僕が暗闇のトンネル走っていても、目の前の熟練職人の背中を見て走ることができる。

 

(写真:躊躇なく未知の世界に飛び込める熟練職人はカッコいい)

 

本当に大変なのは、熟練職人の皆さんです。

光の見えない真っ暗なトンネルを、先陣切って走り続けていかなくてはなりません。

それでも迷うことなく、暗闇に飛び込む職人たち。

その背中を、僕は見続けています。

 

 

いつか僕も、暗闇の中に思い切り飛び込めるように。

4年目も全力で、職人の世界にどっぷり浸かっていく次第。

 

ほじゃ、今回はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です