義春刃物の彫刻刀はなぜ高品質なのか?

こんにちは。

彫刻刀職人の奥村です。

 

義春刃物の彫刻刀は、なぜ高品質なのか。

今回は、その役割を担う「検品」作業をご紹介します。

 

義春刃物株式会社

義春刃物株式会社は、創業100年以上の老舗彫刻刀メーカーです。

学童用彫刻刀全国シェアNO.1を誇り、長年、多くの方に彫刻刀を使っていただいております。

義春刃物の彫刻刀が高品質な理由

(写真:最高の品質を誇る「よしはる彫刻刀」)

 

彫刻刀製造の最後の工程である検品作業。

じつは、ものすごく厳しいチェックをします。

 

刃こぼれ、刃のゆがみなど。

どれだけ小さな不良も見逃しません。

 

(写真:カメラでズームしてやっと見える小ささ)

 

そんな細かい目配りが必要な検品作業。

日々、女性のスタッフの皆さんが頑張っています。

 

(写真:検品をする女性スタッフのみなさん)

 

どれだけ小さな刃こぼれも見逃さない。

その眼力と集中力は、圧巻です。

 

(写真:1本1本丁寧にチェックをする)

 

検品しているときの彫刻刀の並びの美しさ。

見ていて惚れ惚れしませんか?

 

(写真:検品中の彫刻刀の美しい並び)

 

もちろん、1本1本をしっかりチェック。

不良があれば、はじきます。

 

(写真:1本1本を検品するスピードはまさに職人技)

 

何千本、何万本、何十万本…。

恐ろしいほどの数を淡々とこなしています。

厳しい基準をクリアした彫刻刀

(写真:ケースに入れて出荷します)

 

検品を終え、見事クリアした彫刻刀。

ようやく箱詰めされて出荷します。

 

お客様の手元に届く最後の最後まで。

魂を込めて質の高い彫刻刀を作り上げます。

これが義春刃物の彫刻刀が高品質な理由のひとつです。

 

(写真:他の工程でも繊細な技術が要求される)

 

もちろん他の工程も大事です。

どの工程においても、職人技が光っています。

 

これからも義春刃物の職人一丸となって、「最高品質の彫刻刀」を量産し続けていく所存です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ!

彫刻刀ができるまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です