義春刃物の工場

100年の「技」 と「魂」

義春刃物は約100年前に京都にて創業しました。1946年に刃物の町『関市』へ移り、法人化致しました。

古くから学童向け彫刻刀の製造・販売に力を入れ、その切れ味の信頼性から長年全国シェアNo.1の実績があります。

御存知の通り彫刻刀には様々な形状があり(丸刀、三角刀、平刀、など)、それぞれ独自の専用機によって刃付がなされております。

また、これらの異なる形状の刃先を、熟練職人が一本一本手作業でバフ(硬い布)を使って『仕上げ』することで、他社製品とは一線を画す素晴らしい切れ味の彫刻刀が作られます。

若手職人は熟練職人の隣に配置されます。熟練職人の手さばき、コツなどを教えてもらいながら、技術継承が行われています。