目が疲れた?ならこのエクササイズやりなよ。【職人のたまご日記】

こんにちは,職人のたまごの奥村です。

 

今年も残すところあとわずか。

悔いのない一日を過ごしていきたいですね。

 

さて今回は,「職人の目を癒す魔法のエクササイズ」をご紹介します。

指2本あればできる,お手軽エクササイズ。

簡単なのに,効果抜群なんです。

普段,細かい作業で目を酷使する職人にとって,きっと役に立つはず。

 

(写真:職人の作業風景)

エクササイズの目的

長い時間作業をしていると,目のピント調節をする筋肉が凝り固まってきます。

今回紹介するエクササイズは,「ガチガチに固まった目の筋肉をほぐし,ピント調節をスムーズにする」のが目的。

即効性があるので,ぜひお試しください。

エクササイズのやり方

姿勢の作り方

(図:エクササイズ姿勢)

 

両手の親指を「グッジョブ」の形にします。

親指の位置は,目と目の間(眉間あたり)

一方の親指を,目の近くでピントが合うギリギリのところに置く。

もう一方は,腕を伸ばした状態で親指を立てます。

最後に5m以上先に何か目印となるものを探します。

「目→親指→目印」を一直線に結びます。

 

(図:両親指が一直線上に位置する)

 

これで姿勢はOKです。

いざ,エクササイズ

(図:①②③の順でピントを合わせる)

 

「目に近い親指→腕を伸ばした親指→目印」の順にピントを合わせます。

まず,手前の親指を見る。

ピントがあったら,次は腕を伸ばしているほうの親指を見る。

ピントがあったら,最後に5m以上先の目印を見る。

 

そうしたら,今度は逆戻り。

「目印→腕を伸ばした親指→目に近い親指」の順にピントを合わせます。

これで1往復です。

 

(図:目印から始まり、近い親指で終わる)

 

目をほぐすには,10往復以上やると良いです。

注意点

必ずピントがあってから視線を移すようにしましょう。

早く視線を動かす必要はありません。

いつやるのが効果的か

即効性があるので,いつでもどこでもエクササイズできます。

目を酷使したとき。

昼休みのとき。

仕事終わりで車に乗るとき。

 

(写真:職人仕事は目を酷使する)

 

10往復程度やれば,視線の移動がかなりラクになると思います。

ガチガチに凝り固まった目の筋肉をほぐし,ピント調節機能をスムーズにしましょう。

僕の経験から

(写真:職人、奥村の高級メガネ)

 

僕は長い間,「度が合っていないメガネ」をかけていました。

そのせいで,目のピント調節機能が,かなり衰えてしまったらしいのです。

「度が合ったメガネ」に変えても,しばらくの間は,ピント調節が衰えたままだと言われました。

 

誰に言われたか。

そう,認定眼鏡士さんです。

今回紹介したエクササイズは,認定眼鏡士さんが教えてくださいました。

 

(絵:メガネのプロフェッショナル)

 

「やってみ?」と言われ,10往復,視線を移動させました。

すると見事に,近いところから遠いところを見たときのピント調節が,スムーズになったのです。

もちろん,その逆もしかり。

 

ピント調節がうまくできるようになったおかげで,眼精疲労が軽減しました。

今までは,仕事終わりになると,目の疲れによる頭痛が起きていました。

それがこのエクササイズのおかげで,まったく痛くなくなったのです。

まさに魔法のエクササイズだと思いました。

 

 

目薬も必要なし。

マッサージも必要なし。

必要なのは,指2本だけ。

目が疲れたなと思ったら,ぜひこのエクササイズをお試しください。

 

(図:エクササイズ姿勢)

 

ほじゃ,今回はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です