彫刻刀の刃の形


彫刻刀には用途に合わせて刃の形状が異なります。

彫刻刀の刃の形とその用途について説明します。

 

 

<平刀>

彫刻刀の刃の形 平刀

広い面を柔らかい調子で表すのに適しています。

ゆるやかな傾斜に彫ってボカす版画を彫るときや、余分な部分をすき取るときに使います。

 

 

<切出刀>

彫刻刀の刃の形 切出刀

はっきりとした輪郭や鋭い線の切れ込みを入れるとき、その他削るときに使います。

 

 

<中丸刀>

彫刻刀の刃の形 中丸刀

丸みぞの比較的太い線を彫るときや、いらない部分をすき取るときに使います。

広い面をさらうのに適しています。

 

 

<小丸刀>

彫刻刀の刃の形 小丸刀

U字型の細い線を彫るときや、細かい部分をすき取るときに使います。

 

 

<三角刀>

彫刻刀の刃の形 三角刀

V字型の細い線を彫るときや、せまい部分をすき取るときに使います。

直線や曲線、点などを表すのに適しています。