彫刻刀の刃の形

彫刻刀には用途に合わせて刃の形状が異なります。

彫刻刀の刃の形とその用途について説明します。

平刀

広い面を柔らかい調子で表すのに適しています。

ゆるやかな傾斜に彫ってボカす版画を彫るときや、余分な部分をすき取るときに使います。

切出刀

はっきりとした輪郭や鋭い線の切れ込みを入れるとき、その他削るときに使います。

中丸刀

丸みぞの比較的太い線を彫るときや、いらない部分をすき取るときに使います。

広い面をさらうのに適しています。

小丸刀

U字型の細い線を彫るときや、細かい部分をすき取るときに使います。

三角刀

V字型の細い線を彫るときや、せまい部分をすき取るときに使います。

直線や曲線、点などを表すのに適しています。

付鋼製の彫刻刀はなぜ切れ味が鋭いのか。

2017.02.23

【彫刻刀の選び方】おさがりの彫刻刀を使う際の注意点

2016.12.09

左利きの人は左利き用の彫刻刀を買ったほうが良いの?に対する回答

2016.11.28

よしはる彫刻刀GXとマルイチ彫刻刀SXの違い

2016.11.15

【彫刻刀の選び方】材質の違いについて

2016.10.26