小学生の彫刻刀の持ち方や使い方を想定してケガのリスクを回避しよう

こんにちは。

彫刻刀職人の奥村です。

本記事は、小学校の先生向けの記事となります。

 

今回の内容
児童が彫刻刀を使う際に、起こり得る出来事を想定しましょう。

 

小学生の子どもは彫刻を使うのが初めて

(写真:義春刃物の彫刻刀は学童用彫刻刀全国シェアNO.1!)

 

大人にとっては当たり前のことでも、子どもにとっては新鮮なこと。

よくありますよね。

 

彫刻刀も同じです。

大人は、彫刻刀の持ち方や使い方をある程度知っています。

ですが、初めて彫刻刀を使う児童はどうでしょうか?

 

持ち方はもちろん、版画とは何かすらわかっていない可能性があります。

ひとつずつ教えていく必要があるので、先生は大変ですよね。

しかし、ある程度子どもの行動を想定しておけば、指導がしやすくなるかもしれません。

 

例えば、彫刻刀の場合。

  • 「彫刻刀の持ち方」で子どもがやりそうなこと
  • 「彫刻刀の使い方」で子どもがやりそうなこと
  • 「彫り方」で子どもがやりそうなこと
  • 「版画の作り方」で子どもがやりそうなこと

などなど。

 

彫刻刀に関する内容を細かく挙げればキリがありません。

ですが、大まかな予想を立てておくことで、少しでもケガのリスクを抑えることができるでしょう。

子どもの行動を想定してみましょう

(写真:「鉛筆をにぎるように」と言われても、そもそも正しい握り方ができていない場合もある…)

 

では、実際に子どもがやりそうなことを想定してみましょう。

ここでは一番注意が必要な「彫刻刀の扱い方」を例にしてみます。

 

  • 彫刻刀をケースから取り出すとき
  • 彫刻刀の持ち方
  • 彫刻刀の使い方
  • 作業中
  • 片付け方(彫刻刀をしまう、木くずの処理)

5つの例を想定してみましょう。

 

彫刻刀をケースから取り出すとき

 

起こりうること
  • 彫刻刀をケースから出すときに、刃を触って取り出そうとする。

 

彫刻刀の持ち方

起こりうること
  • 彫刻刀を裏表逆に持っている
  • 彫刻刀の柄を持つ位置が前過ぎる
  • 彫刻刀を持ったに力を入れすぎる

 

彫刻刀の使い方

起こりうること
  • 刃が動く方向に手を置いている
  • 彫るときに力を入れすぎる

 

作業中

起こりうること
  • 彫刻刀を持ちながら歩き回る
  • 正しい持ち方が崩れている
  • 木版を支えるほうの手が刃の動く方向に置かれている

 

片付け方

起こりうること
  • 木くずが机の上や床に散らばっている
  • 彫刻刀をきちんとケースにしまえている

 

一番気を付けるべきこと

(写真:作業中は先生の目が届きにくい)

 

ケガのないようにするには、特に「作業中」に注意を払ってください。

子どもは夢中になると、正しい持ち方や使い方を忘れてしまいがちです。

そこで、先生がその都度、注意喚起することで、ケガをしない環境を作ることができるでしょう。

くどいくらいに、注意喚起することをおすすめします。

 

 

このように、児童が彫刻刀を使うにあたって、「どんなところにつまずくのか、どんなところに注意が必要か」を事前に想定しておくと良いですね。

 

この記事が小学校の先生のためになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小学校の先生向けの記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です