付鋼製の彫刻刀はなぜ切れ味が鋭いのか。


義春刃物では、全鋼製付鋼製(二層鋼製)の彫刻刀を取り扱っています。

今回はよく質問をいただく、付鋼製についてご紹介します。

 

 

付鋼製とは

(図:付鋼製の特徴)

 

付鋼製とは、2枚の金属が組み合わさった彫刻刀のことです。

 

義春刃物の付鋼製は、上層に粘りのある軟鉄、下層に硬い特殊鋼が組み合わされています。

特殊鋼の特性である硬さは、鋭い切れ味を生み出すことができます。

しかし、硬さゆえにもろくなってしまうのが弱点。

その弱点を補うために、粘りのある軟鉄を組み合わせることにより耐久性を向上させています。

 

軟鉄のおかげで研ぎやすくなり、メンテナンスがしやすいのが特徴。

しかしその反面、汗や水分に弱い性質を持ち、使用後には乾いた布などで拭き取る必要があります。

 

 

職人による切れ味チェック

切れ味チェック

 

実際、付鋼製の彫刻刀の切れ味は圧巻です。

義春刃物の工場で彫刻刀を製造している職人は、彫刻刀を仕上げた後に切れ味をチェックすることがあります。

職人によると、全鋼製の彫刻刀に比べて付鋼製の彫刻刀のほうが切れ味が鋭くサクサク彫ることができるそうです。

 

全鋼製の彫刻刀の切れ味が劣る、ということではありません。

それだけ付鋼製の彫刻刀の切れ味が非常に鋭い、ということなのです。

まるでアイスクリームをスプーンですくうかのように、力を入れることなく滑らかに彫ることができます。

 

 

付鋼製の彫刻刀に職人の技が加わると…

職人

(写真:職人の技でさらに切れ味を鋭くする)

 

素材だけで鋭い切れ味を誇る付鋼製の彫刻刀ですが、そこに義春刃物の職人の技術が加わるとまさに鬼に金棒。

彫刻刀の刃に鋭い切れ味を生み出すには、繊細な技術が要求されます。

機械では決してできないこの作業は、職人が1本1本手作業で彫刻刀の刃に切れ味を宿しています。

 

創業100年を誇る義春刃物の技術を身につけた職人は、日々、魂を込めて彫刻刀を製造しています。

 

 

よしはるブランド(付鋼製)はなぜ切れ味が良いのか

(写真:品質の高いよしはるブランドの彫刻刀)

 

付鋼製のよしはるブランドの彫刻刀がなぜ切れ味が良いのか。

それは、彫刻刀の刃に切れ味を付ける作業のなかで、ひと手間加えられているからです。

そのひと手間とは、刃の表面を磨くというもの。

 

%e4%bb%95%e4%b8%8a%e3%81%92%e8%aa%ac%e6%98%8e

(図:切れ味をつける作業は2種類ある)

 

通常は、彫刻刀の刃をバフ(布製)に当てることによって切れ味をつけます。

しかし、付鋼製の彫刻刀は刃の表面を磨いてから、バフに当てて切れ味をつけます。

 

刃の表面を磨くことにより、見た目が美しくなります。

さらに、刃の表面がきめ細かくなり、摩擦による抵抗を減らすことができます。

 

よしはるブランドの彫刻刀は品質の高さがウリ。

丹精込めて1本1本製造するのはもちろん、出荷する前に厳しく検品を行っているからこそ、品質の高さを保つことができるのです。

 

 

圧巻の切れ味を誇る付鋼

%e7%b4%99%e7%ae%b1%e5%85%a5%e3%82%8a7%e6%9c%ac%e7%b5%84 %e7%b4%99%e7%ae%b1%e5%85%a5%e3%80%80%ef%bc%95%e6%9c%ac%e7%b5%84 gx1

 

義春刃物が取り扱っている付鋼製の彫刻刀は、よしはる三友彫刻刀、よしはる彫刻刀、よしはる彫刻刀GXになります。

付鋼製の彫刻刀の切れ味をぜひ、体感していただければ幸いです。

 

製品についての詳細は下記のリンクをご参照ください。

彫刻刀製品紹介