なんで意識してるのに…できんのよ。

こんにちは。

職人のたまご、奥村です。

 

今回は、「いつもと違う作業をしたら、無意識のクセに気づいたお話」。

「裏磨き作業」をやってみた

(写真:裏磨きをした彫刻刀は美しい光沢を放つ)

 

「裏磨き」作業をやる機会がありました。

「裏磨き」とは、彫刻刀の表面を磨く作業のこと。

彫刻刀の黒染め部分を磨き、美しい光沢を出すのです。

 

(写真:裏磨き下面としてない面)

 

しっかり光沢を出すために必要な,僕の課題。

それは、彫刻刀の面をバフにまっすぐ当てることです。

 

(写真:高速回転するバフに対してまっすぐ彫刻刀を当てる)

 

いざ、作業開始。

 

たまご
あれ?

 

まっすぐに当てることを意識しても、まっすぐに当たりません。

なぜか、バフに対して彫刻刀が斜めに傾いてしまうのです。

 

(写真:微妙に傾いているのがわかりますか?)

 

たまご
なぜ…?

 

まっすぐに当てる意識をしているのに。

まっすぐに当てることができない。

 

たまご
なぜなんだ…。

 

いろいろ悩んだ末。

ようやく、ひとつの結論が浮かび上がってきました。

意識と現象の差異

自分では「まっすぐ」に意識したつもり。

けれど実際は、「傾いてしまった」という現実。

 

(写真:「まっすぐ」がしっかりできた状態)

 

なぜ、彫刻刀の面を、バフにまっすぐ当てることができなかったのか。

それは、彫刻刀を持っている右手がそもそも傾いていたから。

 

(写真:右手の傾きが彫刻刀の傾きになっていた事実が判明)

 

どれだけ「まっすぐ当てる」ことを意識しても、右手がまっすぐでなければ、できません。

 

今回、学んだこと

①無意識のクセが意識の邪魔をする

 

今回、意識していたのにできなかったのは、できない原因に気づいていなかったから。

つまり、無意識のクセが、理想の状態を作る邪魔をしていたのです。

②いつもと違うことをやると、ひょっこりクセが現れる

 

今回やった「裏磨き作業」と、僕が普段やっている「仕上げ作業」は違うもの。

ですが、裏磨きで発見した今回の出来事は、普段の作業にも生かせそうです。

 

自分が意識しているのにできない。

それは、無意識の何かが邪魔をしているかもしれないということ。

 

たまご
その無意識の何かを、明らかにしよう。

 

すると、スムーズに自分の課題をクリアできるかもしれません。

無意識を意識下に置く

(図:意識の中に、無意識を取り込む)

 

もちろん、「無意識の何かを意識する」というのは、相当難しい。

けれど、僕は「できる」と断言できます。

 

今回の「裏磨き」で気づけたのだから、どんな無意識のクセも明らかにできる。

もちろん、頭が熱を帯びるほど、考え抜いてこそですが。

 

 

今できないことには、何か原因がある。

その原因を見つけ出すための教訓を、今回の「裏磨き」作業で得ることができました。

 

それにしても、「できないことができるようになる」のは、おもしろい。

人間、やればできるもんだなと実感した出来事でした。

 

ほじゃ、今回はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です