「よしはる彫刻刀」と「よしはる彫刻刀GX」は何が違うの?

こんにちは。

義春刃物の彫刻刀職人、奥村です。

 

 

今回は、「よしはる彫刻刀」と「よしはる彫刻刀GX」の違いについてお話します。

 

よしはる彫刻刀とよしはる彫刻刀GXの違い

(写真:よしはる彫刻刀)

 

(写真:よしはる彫刻刀GX)

 

2つの彫刻刀の違う点は以下の通りです。

 

  • 柄の種類
  • ケース
  • 本数
  • 価格

それぞれ見ていきましょう。

 

柄の種類

よしはる彫刻刀

 

柄はソノケリンという木製です。

別名ローズウッドと呼ばれ、フローリング板やギターの楽器などに使われています。

木の手触りの気持ちよさを感じることができます。

 

よしはる彫刻刀GX

 

柄は、「ABS樹脂+エラストマー樹脂」の二重構造、いわゆるゴム製です。

表面のエラストマー樹脂は滑りにくく、使いやすさ抜群。

柄の色と刃の形状マークで、刃の種類が一目でわかります。

 

ケース

よしはる彫刻刀

 

プラスチックケースと、紙箱があります。

プラスチックケースには、シリコンバンドがついているので、不意にフタが開くことはありません。

 

よしはる彫刻刀GX

 

ロック付きのプラスチックケースです。

スタンド機能も付いており、彫刻刀が取り出しやすくなっています。

 

本数

よしはる彫刻刀

 

よしはる彫刻刀は、3本組から7本組までをそろえています。

刃の種類の多さによって数が変わります。

 

よしはる彫刻刀GX

 

よしはる彫刻刀GXは、5本組です。

一般的な版画の授業では、5本の刃があれば滞りなく作品を作れます。

 

価格

よしはる彫刻刀

よしはる彫刻刀は3本組から7本組それぞれ価格が異なります。

さらに、紙箱とプラスチックケースにおいても異なります。

 

よしはる彫刻刀GX

 

よしはる彫刻刀GXの5本組の価格は、定価2,145円。

対して、よしはる彫刻刀のプラスチックケース5本組の価格は、定価2,035円となっています。

 

よしはる彫刻刀とよしはる彫刻刀GXの同じ点

(写真:付鋼製は切れ味抜群)

 

2つの彫刻刀の同じ点は以下の通りです。

 

  • 刃(付鋼)
  • 切れ味

 

刃(付鋼)

 

両者とも「付鋼製」です。

付鋼製とは簡単に言うと、2枚の金属が重なった刃ということ。

全鋼製とは異なる特徴があります。

 

「全鋼製と付鋼製の違い」をより詳しく知りたい方はこちら!

 

切れ味

付鋼製の刃は、全鋼製の刃よりも切れ味が鋭いのが特徴です。

したがって、「よしはる彫刻刀」と「よしはる彫刻刀GX」のどちらとも、切れ味抜群ということです。

 

選ぶならどちらがいいのか?

 

正直、おすすめはこちらです!とは言い切れません。

なぜなら、どちらも魅力が詰まっているからです。

両者とも切れ味抜群で、彫り心地はすごく気持ちが良い。

 

しいて言うなら、決め手は柄になるかもしれません。

ゴム製は滑りにくく安全性は抜群。

一方、木製は木のぬくもりを感じられる。

持ち手の感触で彫り心地も違ってくるかもしれませんね。

 

詳しい彫刻刀の種類と価格は、こちらのページへどうぞ。

 

この記事があなたの彫刻刀選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・あなたにおすすめの記事

よしはる彫刻刀GXとマルイチ彫刻刀SXの違い【義春刃物株式会社】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です